FBA発送を利用するメリット・デメリット

メリット1 年中無休24時間体制 購入者からの返品対応までアマゾンが対応してくれる  
フルフィルメントセンターに商品を納入したあとは 
保管・受注後の商品発送・カスタマーサービスや返品の対応をアマゾンが一手に引き受けてくれます。
FBAに納品済みで販売されている商品は年中無休(24時間・365日)アマゾンにより発送されます。

そのため…
FBAを利用すれば旅行やバカンスの間でも安心して商品を自動的に売る仕組みができあがります。

メリット2 迅速なアマゾンの配送サービスの恩恵を受けることができるため売れやすい
・FBA商品は画像赤枠↓のように
目立つロゴ・コメント・サービスが自動的に付帯され明らかに商品が売れやすくなります。
※FBA商品は通常配送無料、お急ぎ便や、受注当日にお届けする当日お急ぎ便が適用されます。
・かんたんな手続きをすることでメディア商品に限り海外発送に対応できる。
かんたんFBA海外発送の設定方法
・購入者は意外と需要の高いギフトラッピング(300円)の選択もできるようになる。
・購入者はローソンでのコンビニ受取・代引きが選択できるようになる。

メリット3 倉庫が不要または保管スペースが少なくてすむ
徹底管理された フルフィルメントセンター内で保管されるため安心。
  • 24時間体制の警備
  • 自動化されたワイヤレスネットワークによる注文のトラッキングシステム
  • 高額商品専用の保管庫
  • 温度や気候など管理されている
商品をフルフィルメントセンターに送ってしまえば保管用の倉庫を持つ必要がなく
一度フルフィルメントセンターに預けてしまえば紛失や盗難の心配が少なくなります。
万が一の場合は補償されます。

FBAを利用することで 「手間なし」「安心」「売れやすい」といった最大のメリットがあります。
一度まとめてフルフィルメントセンターに送ってしまえば、それ以後発送の手間がかかりません。
「梱包材の用意」「商品の保管」「梱包」「発送」「カスタマーサービス」これらにかかっていた
貴重な時間を別の作業に使うことができます。これだけでも利用する価値はあります。

しかしこれだけ便利なサービスです。※注意点がないわけではありません。

デメリット1 コメントが見れない(コメントの確認ができない)
現状では購入されると購入者はおろか出品者さえもコメントを確認することができなくなります。
改善要請を出していますが、いつ改善されるのでしょうか…。
特にコンディションー可の商品などはクレームになる可能性があるため要注意です。

デメリット2 商品状態を確認することが出来ない
当たり前と言えば当たり前ですが、一度発送したものは商品が手元に無いわけですからデメリットです。
コンディションの変更もできません。コンディション変更したい場合は一度返送してもらう必要があります。

デメリット3 各種手数料がかかる
売れなくても、フルフィルメントセンターまでの送料、保管料や返送、所有権の放棄にも料金がかかります。

そのため商品をFBA向けに発送してしまうことはある意味賭けとも言えます。
しかし、FBAを利用することで多少の出費はかさみますが
商品が売れやすくなり回転率があがるのは確実なようです。